ビジネクスト口コミ・評判による審査について

 


サラリーマン金融などの金融会社にキャッシングを申し込むときに、

 

サラリーマン金融などの金融会社にキャッシングを申し込むときに、必ず審査があります。審査はまずコンピューターの自動審査で入力内容について“数字的な判断”が実行されます。これにとおるとと本審査で“信用情報からの判断”としての審査がおこなわれ、その次にキャッシングOKかどうかが決まりますが、特に本審査に活用個人情報は審査において大変重要な重要な箇所になりそうです。

そこで、金融会社の「契約基準」、そして個人情報を管理・提供行う「個人情報機関」の2点においてご紹介したいと考えます。

 


1つ目に、手続き基準になりそうですが、金融会社は何を契約基準としているのかを認識していると審査にとおりやすくなります。金融機関で最も重視される基準は高く3つあります。それは「総量規制の融資額内かどうか」「過去3か月以内に契約にダメだったことはいないか」「過去3ヶ月以内にクレジットカードなどの支払いを遅れたり滞納していないか」になりそうです。それのなかでも総量規制はサラ金からお金を借りる上で最も重要で、手続きに通りやすく行うには総量規制の範囲「収入のおよそ三十三%以下」で申し込む方が良いとされます。

 

続いて、過去3ヶ月以内の契約は、同時期に大量にの金融機関の契約申込みをしていると「色々な金融機関で審査に審査落ちしている人」と判断され、手続きにダメだったことはしまうことが大量にあります。

サラ金に手続きを手続きむ場合、少なくとも三カ月は期間を空けた方が手続きに通りやすくなります。そして、支払履歴も手続きに影響を及ぼします。もし過去3ヶ月に支払に遅れや滞納があったパターンは、まず審査に通ることはできません。速やかにその場面を解消し、今後は確約した振込を守ることが大切となるでしょう。

 

 

二つ目は、サラリーマン金融は利用があった人に対して「この人に数万〜数十万円をかしても大丈夫なのか」と言われている信用情報の手続きをします。消費者金融は信用情報機関に契約人に過去に現金に関するトラブルがなかったかなどの情報を問い合わせし、手続きの材料とします。

信用情報の中に含まれている「属性」、簡単にいうと個方の住所、年齢、職業、年収、働いている期間、過去の契約履歴などが信用情報の一部としてあります。

情報を提供行う信用情報機関には、CIC、株式会社日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターなどがありますが、各機関でデータを共有していますので、スパンをとって延滞や債務整理などの異動などの信用情報機関にデータがある時、登録されている間は間違いなく契約に通ることは不可能です。そのため信用情報はサラ金だけでなく金融会社での取引すべてに影響やることになります。

 

 

実は、CICは携帯の支払いや、信販会社が仲介している銀行引き落としの支払いなどが踏み倒しなどが登録されてしまいます。

 

 

このように、消費者金融の手続き基準と個方の信用情報は利用に高く影響を及ぼすことになるため、延滞、未払のない“クリーンなマネーライフ”が大切となるでしょう。


"

 

ビジネクスト審査はこちら